てんつまユキのドタバタ迷子録

転勤族の妻(てんつま)が知らない土地とネットの海で迷子中。日々の不思議な出来事を綴ります。

ぼっち飯におすすめ!生かし屋さんの意識低い系カルボナーラ

昨日、得する人損する人で、

小林シェフが牛乳や生クリームを使わない

世界一美味しいカルボナーラを作っていたのを見て、

あー、これ知ってるレシピに似ているなと

気付いてしまったんですね。

 

それと同時に、

やっぱり「生かし屋さん。」の

山拓史さんは凄い人なんだなと

改めて思ったのです。

 

そう、嵜山さんが2016年に公開したレシピと

昨日の得損の小林シェフのレシピが

かなり似ているんですよ。

 

2016年に生かし屋さんが公開したレシピ

 

私が似ていると気付いたレシピは、

1年以上前に公開された

山拓史さん(id:ikashiya)のブログ

「生かし屋さん。」のこのレシピ。

www.ikashiya.com

意識低い系カルボナーラ」です。

 

このレシピ、ぼっち飯の時に大助かり。

 

手間もかからなくて簡単だし、

材料も卵、パスタの麺、黒胡椒、

粉チーズ、創味シャンタンだけ。

 

美味しくて好みの味なんです。

 

小林シェフはパスタを茹でるお湯

1リットルに対して小さじ4の塩を入れ

麺を茹でていたのですが、

塩の量は麺を茹でる前に

お好みで調整してと言っていたんですね。

 

でも、プロじゃないから、

お湯に溶かした塩を舐めただけで、

好みの塩分量を判断できないと思うのは

私だけでしょうか。

 

嵜山さんみたいに、

パスタを茹でる時に塩を入れず、

創味シャンタンで味を調整した方が

ずっと簡単だと思いませんか?

 

ちなみに小林シェフのレシピは

得損のサイトで確認できます。

放送内容|得する人損する人|日本テレビ

 

今夜はぼっち飯なので意識低い系カルボナーラ

 

今夜は、一人寂しくぼっち飯なので、

嵜山さんの意識低い系カルボナーラにしました。

 

創味シャンタンもあるので。

f:id:yukisemipro:20180112203441j:plain

意識低い系カルボナーラは、

ベーコン無しで作れるのも良いんですよね。

ベーコンあまり買わないので。

 

久し振りに作りましたが、

やっぱりめっちゃ美味しかったですね。

f:id:yukisemipro:20180112203730j:plain

朝、目玉焼き食べたから、

追い卵黄はしなかったけど、

追い黒胡椒はたっぷりと。

 

同じものを作ったはずなのに、

嵜山さんとの写真レベルの差が・・・

 

カルボナーラを簡単に美味しく作るなら

山拓史さんのレシピがイチ押しですね。

鬱に悩む孤独な転妻「幸せのつぶやき0円」と「良いことメモ」を始めてみる

今週のお題「2018年の抱負」

 

2018年になり早いもので11日、

平成も気付けば30年ですよ。

時の流れは早いものです。

 

大変遅ればせながら、

明けましておめでとうございます。

 

たまにしか書かないブログですが、

今年もよろしくおねがいします。

 

2週連続で、はてなブログ

今週のお題が「2018年の抱負」で、

先週から書こう書こうと思っていたのに

結局、今日になってしまいました。

 

ギリギリ間に合うかな?

 

私の2018年の抱負

 

私の2018年の抱負は、

『前向きに挑戦すること』ですね。

月並みですが。

 

鬱の症状が出やすい傾向を変えたい

 

子供の頃から人見知りが激しく、

メンタルが弱かったのもありますが、

3年半前に母親を亡くした半年後に

父が事故に遭って以来、

鬱に悩まされるようになりました。

 

幸い父は奇跡的に回復し、

今は普通に暮らしていますが、

脳に怪我を負っていたので

当時は認知症同様の症状が出て

常に介助が必要な状況。

 

私が仕事を辞めるしかありませんでした。

 

その時以来、落ち込みやすく

鬱の症状が出やすくなった気がします。

 

あれから3年経ち、

以前よりは気持ちも落ち着いてきました。

 

でも、根底は変わっていないので、

昨年の秋に知らない土地へ引っ越してきて、

一人で過ごす時間が増えれば増えるほど、

いろんな出来事をネガティブに捉えがち。

 

必要以上に落ち込んでしまうのです。

 

ただ、そろそろ負のスパイラルから

完全に抜け出したいと思い、

2018年の抱負は

『前向きに挑戦すること』にしたんですね。

 

モチベーションを上げるためにやりたいこと

 

f:id:yukisemipro:20180113000510j:plain

前向きに挑戦すると言っても、

何をするにも肝心なのは

まず、心の状態を整えることですよね。

 

モチベーションを上げるために

私が実践したいことは2つあります。

 

私と同じ転勤族妻という立場で、

キラキラ輝いている2人のブロガーさんから

ヒントを得ました。

 

「幸せのつぶやき0円」を始めたい 

 

まず、私が始めたいのは、

「幸せのつぶやき0円」。

 

これはライブドアブロガーの

日美良美*ねこもちさん(@neco_mochi111)が、

実践されている方法。

 

ねこもちさんのブログに

詳しいやり方が紹介されています。

www.clean-shining111.com

1年間ずっと「幸せのつぶやき0円」を

口癖のように実践しているうちに、

物事の見え方が良い方へと

変わっていったそうです。

 

何でもネガティブに捉えがちな私でも

変われるきっかけになりそう。

 

ねこもちさんのブログを知ったのは

1年半以上前ですが、

ずっと私の心の支えになっています。

 

孤独を感じている転勤族の主婦の方、

一度、読んでみてください。

 

考え方がガラッと良い方向に変わりますよ。

 

「良いことメモ」を始めたい 

 

もう一つ、私が始めたいのは、

「良いことメモ」ですね。

 

はてなブロガーで、

旅行サイト「たびねす」のライター、

星野きいろさん(id:kiiroihoshi)が、

毎日ツイートしているのを見て、

私もやりたいな・・・と

去年からずっと思っていたものの、

始められずにいました。

 

以前は、きいろさんのブログに

良いことメモを書かれていたと

記憶しています。

間違っていたらごめんなさい!

 

前日の良いことをツイートされていて、

見ているだけでほっこりします。

きいろさんはシンプルな暮らしの提案を

ご自身のブログの中で紹介されていて、

効率的な家事のヒントなど、

転勤族の主婦に役立つ情報を

たくさん書かれています。

www.hoshinokiiro.com

そして私が去年からハマっているのが、

同じく星野きいろさんのマヤ暦ブログ。

www.kiiroihoshi.com

私は決断力が無いので、

迷った時のヒントにしています。

 

毎日チェックするのが楽しみですね。

 

「幸せのつぶやき0円」と「良いことメモ」で前向きに 

 

2018年は「幸せのつぶやき0円」と

「良いことメモ」から始めて、

前向きに物事を捉えられるように

自分のモチベーションを高めたいものです。

 

良いことメモはどうしよう?

ブログに書こうかな?

そうすれば毎日ブログが書けますしね。

 

いや、でも・・・

こっそりmixi日記に書こうかな・・・。

「あなたの前世は鳥だから鶏肉食べると共食いになる」と忠告された営業時代の話

 

今は転勤族の妻という立場で、

在宅ワークで得る少しばかりの収入を

生活費の足しにしながら

ギリギリの生活を送っていますが、

元々は私自身も転勤族でした。

 

新卒で入社した当初は事務職。

 

ジョブローテーションで

入社4年目から営業職となってからは、

右も左もわからないまま

がむしゃらに働くばかり。

 

私が担当していた先には、

会社の古くからのお得意様もいましたが、

私の主な仕事は新規先の開拓、

つまり飛び込み営業でした。

 

一度見れば忘れられないほど

独特で印象深い制服を身に纏い、

先輩からのお下がりの

擦り切れた古びた鞄を抱えながら、

震えた手で名刺を差し出す毎日。

 

風除室のガラスに映る

自分の姿が惨めでした。

 

新規先へ向かう雨の日の複雑な気持ち

 

ある雨の日の朝。

 

ありったけの商品パンフレットを

鞄の中へぎゅうぎゅうに詰め込み、

いつものように新規開拓のため

会社を誰よりも早く出発。

 

黒いパンプスのヒールの音と

雨の音だけが響く田舎道を歩きながら、

今日こそは見込み先だけでも

数件見つけて戻らなければと

並々ならぬ闘志を燃やしていました。

 

ただ、そこはライバル企業が

猛威を振るっている小さな田舎町。

 

必死にもがいたところで、

結果はわかりきっているという

思いに駆られていたのも嘘ではありません。

 

新築の家を緊張しながら訪問

 

どこか釈然としない気持ちのまま

真新しいインターホンを

震えた指でそっと押してみました。

 

応答して欲しい気持ちと

留守であってくれという気持ちが、

心の中で入り乱れています。

 

2分ほど待ちました。

 

(・・・ああ、留守だ。)

 

顔にかかった前髪を払いながら、

ポストにパンフレットと名刺を置き

立ち去ろうとしたその時。

 

背中の方からギーッという

重厚なドアの開く音が聞こえてきます。

 

不思議な住人との出会い

 

新築のドアらしからぬ音に驚き

ふと振り返ってみると、

髪を一つに束ねた眼鏡姿の女性が

満面の笑みで立っていました。

 

今まで新規先を訪問した時には

一度も味わったことのない笑顔。

 

「あなた、若いわね。名刺はあるの?」

 

名刺を渡しながら

笑顔で丁重に挨拶してみると、

なぜか女性の表情は曇っていきます。

 

私の話し方が失礼だったのでしょうか。

 

それともライバル会社のお得意先で、

会社名だけで拒まれているのでしょうか。

 

胸の鼓動は激しくなるばかり。

 

女性は私の名刺をじっと見つめています。

 

(早く立ち去りたい・・・)

 

共食いだと忠告された

 

「あなた、鶏肉食べてるでしょ?」

 

私の顔をマジマジと見つめながら

女性はそう声を掛けてきたのです。

 

「顔色が悪いわ。共食いしてるからよ。」

 

共食い?

まるで理解できませんでした。

 

「あなたの前世は鳥なの。」

f:id:yukisemipro:20180113001421p:plain

 

やばい!

やばい所に来てしまったと

気付いた時には時すでに遅し。

 

丁寧に姓名の字画の話を説明された挙句、

 

「あなたは鳥なのに鶏肉や卵を食べて、

共食いしているから体調崩しやすいのよ。

魚卵もだめ、あれも卵だから。」

 

という忠告を受けてしまったのです。

 

初対面のはずなのに、

体調を崩しやすいと断言される始末。

 

さらに唇が紫色なのは、

梅干しを食べないからだとも言われ、

 

「あなたはもっと自分を大事にしなさい。

次に来た時、詳しく鑑定してあげる。

鑑定料は1回5000円。

大丈夫、今日のお代はタダだから。」

 

再訪問しなかったのは

言うまでもありませんが、

2ヶ月ほど鶏肉を見る度に、

彼女の曇った表情が思い浮かび、

箸がどうしても進まなかったのは事実。

 

今は結婚し姓が変わったため、

当然、字画もその当時とは違います。

 

それでも体調不良が続く度に、

共食いを続けているせいだろうかと

未だにふと思い悩んでしまうのでした。

孤独な転妻、はてなブログ始めてみた。

f:id:yukisemipro:20180112235829p:plain

はじめまして!

 

転勤族の夫と2人暮らし、

てんつまユキと申します。

 

同じ土地で生活できるのは、

短ければ1年、長くても3年です。

 

新しい土地に引っ越したばかりで、

なかなか慣れず孤独な日々。

 

転勤族ならではの体験談や、

日々の不思議な出来事を綴りたくて、

はてなブログを始めてみました。

 

よろしくお願いします(≧▽≦)

 

転勤族の妻=転妻(てんつま)

 

2012年の春に結婚したので、

転勤族の妻になってから、

もう5年以上が経ちます。

 

でも、転妻という言葉を知ったのは、

2週間前のことなんです。

 

ネットの海で迷子になっている時に、

偶然、知りました。

 

転勤族の妻=転妻(てんつま)

 

NHKでも特集が組まれるほど、

よく知られている言葉らしいのですが、

初耳でしたね。

 

こんな便利な言い方があるのなら、

私も使ってみようと思い、

てんつまユキという名前に決めました。

 

はてなブログに決めた理由

 

ブログを始めようと思った時に、

悩んだのがブログサービスです。

 

アメーバブログ

FC2ブログ

はてなブログ

ライブドアブログ

SeeSaaブログ

 

無料で使えるブログサービスは、

まだまだたくさんありますが、

思いついたのは5つでした。

 

最後まで迷ったのが、

何となく書きやすそうだった、

アメブロライブドアブログ

はてなブログでしたね。

 

でも、アメブロはキラキラ眩しくて、

ライブドアは立派すぎる印象。

 

一番、説明がわかりやすく、

初心者にも優しそうだったのが、

はてなブログだったので、

ここで始めることにしました。

 

このブログは単なる日記です

 

このブログは私が体験した、

ドタバタな日々を綴る単なる日記です。

 

私自身の備忘録にすぎません。

 

転勤族の生活ってどんな感じ?

転妻って仕事どうしてるの?

自分も転妻だけど、

同じことで悩んでいる人いないかな?

 

と思うのであれば、

もしかしたら低確率で

参考になるかもしれないので、

気が向いた時にでも、

読んでいただけると嬉しいです。

 

ただ、とても飽きっぽい性格なので、

書きたくなった時にだけ書きます。

 

この自己紹介だけで終わらないように、

続けてみようと思いますので、

どうぞよろしくお願いします(*^▽^*)